体の中のコラーゲンの減少

30歳を過ぎたころでしょうか??どんどん肌に自身がなくなってきたんです。20代のころは、ハリがあったので、少々の肌荒れがあっても、 ハリのある弾力でカバーできていたんです。でも、30歳ころから、毎日鏡を見るとき、今日は肌の調子が悪いな・・。という回数が多くなって、次第にそれが良くならなくなってきて、 ある時これは老化なんだ・・!!って気づいたんです。ハリがなくなるっていうのは、まだ20代では想像できないかもしれませんが、頬の辺りがコケるかんじです。 たるんでくると、顔全体の影が多くなるんです。このままでは、どんどんおばあちゃんになってしまうと思ったので、ハリにいいといわれるコラーゲンを摂るようになりました。 コラーゲンは、誰でも知っているものだと思いますが、化粧品から、ドリンクからサプリメントまで、さまざまなも商品があります。ハリを取り戻せるなら・・!! 私は、コラーゲンが少しでも入っていれば、それを買うようにしていました。毎日の化粧パックも、ヒアルロンサン配合のものと、コラーゲン配合のものがあれば、 迷わずコラーゲンのものを。という感じです。肉や魚などの食品からも摂取でき、コラーゲンの合成や古いコラーゲンの分解を促進させるには、たんぱく質が必要なので、 しっかり肉や魚も取ることも大事です。ただ、私のように、コラーゲンを摂る事に必死になってしまって、逆に、コラーゲンの過剰摂取で体を壊してしまうのはNGです。 コラーゲンを含む食品は高脂質のものが多いので、セルライトがつきやすいといわれていわれています。サプリメントは、無駄な脂質が含まれていないので、おススメです。 一日の摂取量の目安は、5,000mg程度ですが、この量を基準にし、食品やサプリメントなどをうまく活用させて、キレイな肌になりましょう! ロコモ対策・予防の観点からもおすすめできますね。

コラーゲンの摂取方法

最近、肌がたるんできて、元気がないように見えて、自信がなくなってきた。髪の毛もつやがなくなってきて、長かった髪の毛をバッサリ切った。・・ほとんどの女性が30代中盤を過ぎると、実感してくるそうで、だんだん長い髪の毛も似合わなくなってきたり、髪の毛の老化によって、ケアも今まで以上にしっかりしなくてはいけなくなるので、180℃イメチェンする方も多いのです。10代20代のころはあまり実感がなかったかもしれませんが、老化は日々行われていて、目に見えて老化がはっきりしてくるのは、40代から。30代になると、体のあらゆる機能が衰えてきて、40代になると、それが顕著になります。特に、肌を若々しく見せたり、髪の毛をツヤツヤに見せるために必要な" コラーゲン " が、30代を過ぎたころから急激に低下してくるからです。コラーゲンといえば、私たちの日々の食事からの摂取も可能で、フカヒレや、鶏の皮から多く摂取できるイメージがありますが、それだけではありません。ほかにも、ビーフシチューや煮込み料理にによく使われる牛すじ肉、から揚げに最適な鶏軟骨をはじめとした鶏全般の部位はコラーゲンが多く、うなぎの蒲焼も鶏に勝るぐらいコラーゲンが充実しています。そのほか、豚肉、牛肉、サケ、チリメンじゃこなど魚介類にも含まれています。これらの食材をよく摂取することが望ましいですが、いったいどれくらいのコラーゲンを摂取すればいいのでしょうか?美容に効果を期待する場合は、1日に5,000mgから10,000mgを目安にするといいそうです。20代から50代の日本人女性の食事からのコラーゲン摂取量が1日1900mgなので、普段の2倍、3倍のコラーゲン摂取が必要です。食事からの摂取だけで考えると、高カロリー、高脂肪などのデメリットも生じます。サプリメントなどを上手く組み合わせて摂取することがおススメです。

コラーゲンサプリ情報

コラーゲンの推奨摂取量

コラーゲンは美容に良いというのは女性なら誰でも知っている知識ですが、実際に意識しながら積極的に摂っている方は限られていると思います。多くの方が、自分の肌のハリのなさやしわだったり、何かしら老化に気づいていても、それを見過ごしてしまうのです。「 美 」というのは、肌だけでは決まりません。健康的な髪の毛やつめというのも若さの象徴です。なかなか完璧に美を保とうとするのは難しいことですが、 コラーゲンの力は、美になくてはならないもので、美肌にも良く、ハリとつやのある健康的な髪の毛にしたり、丈夫な爪にする効果があります。 髪の毛に関しては亜鉛不足の方が亜鉛サプリを飲むようになって髪のツヤが増したように思うと感じる方もいるようです。 一日の目安量である、5,000mgから10,000mgのコラーゲンをとることで、美に効果を期待できるそうです。主に肉などの食品からも摂取できますが、コラーゲンとともに脂肪の過剰摂取になってしまうことも考えられます。食品からの摂取で足りない部分をサプリメントを補充するのがおススメです。また、体内でコラーゲンが安定し、維持するのに欠かせないビタミンCや、肌の真皮のコラーゲンの構造を支える働きをするエラスチン、古いコラーゲンを解消し、新しいコラーゲンを取り入れ、肌の再生を促進するたんぱく質を一緒に摂ることで、コラーゲンが美にもたらす効果が何倍、何十倍にもなり、相乗効果があります。実際にコラーゲンは、薬でできなかった、老人のもろくなった爪を強く、丈夫にさせる結果があり、老化防止、アンチエイジンぐの効果があります。ぜひ日々の食生活に取り入れてみましょう。

更新履歴